門司赤煉瓦倶楽部活動案内|ACTIVITY

NPO法人概要

名称
特定非営利活動法人 門司赤煉瓦倶楽部
主たる事務所
北九州市門司区大里本町3-11-1
目的
この法人は、門司区大里本町に残る大正期に建てられた赤煉瓦建物(旧サッポロビール九州工業建物)などの貴重な歴史的建造物を 後世に引き継ぐ保存活動を行い、それを活かしたイベントの開催等、まちづくりに関する事業を展開して、地域の活性化に貢献する。また全国の赤煉瓦建物にゆかりのある都市や市民団体との交流・連携を図り、 赤煉瓦を活かしたまちづくりを支援する活動を持って、地域の発展と社会全体の利益の増進に寄与することを目的とする。
活動の種類
  1. (1)まちづくりの推進を図る活動
  2. (2)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
事業の内容
  1. (1)特定非営利活動に係る事業
    1. ①赤煉瓦建物などの保存、管理、活用に関する活動
    2. ②旧サッポロビール九州工業の倉庫棟、醸造棟等の保存、管理、活用に関する活動
    3. ③赤煉瓦建物に関するイベントの企画・開催事業
    4. ④赤煉瓦建物等に関する情報発信事業
    5. ⑤赤煉瓦建物を活かしたまちづくり活動に対する支援事業
    6. ⑥その他本法人の目的を達成するために必要な事業
  2. (2)その他の事業
    1. ①物品の開発、販売及び出版事業
    2. ②不動産貸付事業
    3. ③駐車場業
会員及び会費
  1. (1)正会員:入会費 5,000円 年会費 5,000円
  2. (2)賛助会員:入会費 500円 年会費 1,000円

ページトップへ戻る

これまでの活動の”歩み”

  • 旧サッポロビール九州工場の閉鎖
    旧サッポロビールが九州工場の閉鎖が決定し、赤煉瓦建物の保存運動を実行する有志が参集、赤煉瓦を核とした大里本町のまちづくりを考える会へと発展、北九州市の土地区画整理事業と協働し、わがまちづくりに取り組む。
  • 法人化
    赤煉瓦建物の保存・活用方法として、北九州市が『れんが工房のまち』としての位置付けを示したため、この赤煉瓦建物を市民の手で、有効に保存・活用するためのソフト事業が必要と考え、恒久的な施設及びイベント運営の基盤を確実にするために法人化を決定。
  • NPO法人設立総会開催
     
  • 赤煉瓦倶楽部 本格的始動
    特定非営利活動法人門司赤煉瓦倶楽部認証受現場事務所設置、事業を開始する。
  • 第一回社員総会開催
     
  • サッポロビールとの契約締結
    サッポロビール(恵比寿ガーデンプレイス(株))と倉庫棟、醸造棟、組合棟の土地使用貸借契約及び建物無償譲渡契約締結。

ページトップへ戻る

イベント実績

門司赤煉瓦研究会

ひとつひとつ人の手をかけ積み上げられる赤煉瓦建物には、どこか温かみが感じられます。
またそこには日本の近代産業の歴史を垣間見ることができます。
この大里築周辺に残る赤煉瓦建物を中心に北九州に残る産業遺産ともいえる赤煉瓦建物の歴史的価値を検証し、地域活性化の資源として可能性を見出す研究を行います。

【活動報告】

第1回 8/19(土) 煉瓦建物の魅力について-
講演:九州工業大学 仲間浩一
第2回 9/23(土) 産業遺産的価値から文字の煉瓦建物を検証する
講演:九州国際大学 清水憲一
第3回 10/21(土) 市内に残存する赤煉瓦建物・産業遺産視察バスツアー
第4回 11/13(月) 煉瓦建物活用の先駆的都市『舞鶴』に学ぶ
講演:赤煉瓦倶楽部舞鶴 馬場英男氏
第5回 1/20(土) 煉瓦建物を生かしたまちづくり
講演:北九州市立大学 赤川貴雄氏
第6回 2/17(土) 赤煉瓦建物ワークショップ
協力:北九州市立大学 赤川研究室

門司赤煉瓦探検隊~あなたも一緒に歴史の発見者になりませんか?~

門司赤煉瓦探検隊

港町門司に数多く残る赤煉瓦たち。
レトロの賑わいに脚光を浴びているものもあれば、意外なところに人知れず佇む煉瓦たちもあります。
そんな、地元の近代化遺産である煉瓦たちを一緒に探してみませんか?

2007年12月・2008年1月に4回程度実施

場 所門司赤煉瓦プレイス 赤煉瓦交流館北九州市門司区大里本町3-11-1

◎参加費無料 どなたでもご参加いただけます。まずは、探検計画を練った後、大里本町を探検します。
◎日時その他詳細についてはお問い合わせください。

お問合せ

TEL:093-372-0962

ページトップへ戻る

視察受け入れ、及び講演依頼について

当法人では、視察の受け入れ講師依頼を随時申し受けております。

視察メニューテーマ
地域資源を活用したまちづくり
NPO法人と行政、企業との協働によるまちづくり
区画整理事業事例
近代化遺産の保存活動と活用事例
赤煉瓦建物の魅力       …等
視察メニュー例
テーマに即した講演会(20~60分)
門司麦酒煉瓦館見学(20~30分)※通常非公開
旧サッポロビール醸造棟見学(20~30分)※通常入場料100円ですが視察料に含みます。
所要時間1時間~2時間
受け入れ日時
火曜日~金曜日 10:00~17:00
日用祭日、上記以外の時間外ご希望の方はご相談ください。
受け入れ費用
基本的に下記受け入れ費用をお支払いいただきたいと思いますが、学生の皆様などにはご予算に合せて対応させていただきます。
《視察料》 5,000円 《資料代》 お一人当たり300円
昼食
ご要望により、お弁当を手配いたします。食事会場は施設内にご用意させていただきます。
食事会場費はいただきません。
施設内テナント店舗(BRICK HALL・カフェドブリック・ジラソーレ)においても食事をご用意できます。
駐車場
施設内有料駐車場をご利用ください。
《一般車両》 30分100円 上限500円
《マイクロバス》 1回 500円
《大型バス》 1回 1,000円
講演について
当法人では講師依頼もお受けいたしております。
講演にかかる経費は、ご予算に応じさせていただきます。

お問合せ

ページトップへ戻る

広報活動

2011.04

TVドラマ「十津川警部の事件簿 特急ソニック殺人事件~十年目の真実」で、当施設での撮影が行われました。

2010.11

TV-CMの撮影が行われました。
大沢たかおさん、生田斗真さんが出演のCMで、探偵事務所の外観イメージとして門司赤煉瓦プレイスが使われました。
写真は、撮影機材の搬入状況とCM冒頭で窓を突き破るシーンで使われた窓枠の画像です。

ページトップへ戻る

門司赤煉瓦倶楽部 〒800-0063 北九州市門司区大里本町 3-11-1
TEL.093-372-0962 FAX.093-863-0665
Copyright 2013 門司赤煉瓦プレイス.All Rights Reserved.